WEB会議アプリケーションの多くが有料版の他に無料版を用意する傾向があります。


ソフト開発側からすれば事前に動作確認をしてもらえる、また、稼働テストにもなることから新サービスの多くが無料版を提供して試してもらっています。

特に動作確認についてはハードウエア、ソフトウエア双方の面でお互いにメリットが有ります。



ハードウエアについてはパソコンやマックの動作を見るだけではなく、カメラやマイクなどの動作も確認できます。

そして、多くのハードがUSB接続なため挿せば動作すると勘違いする方が多いので適切に動くか確認してもらうのです。

無料のWEB会議の最新情報を紹介しています。

USBは仕様として安定していますが、速度面では1.0,2.0、3.0で通信速度が全く異なるので注意が必要です。

基本的には遅い回線に合わせる動作となります。

産経ニュースにはこちらのサイトが最適です。

高機能なUSBカメラを買ったのに解像度が低いというケースも多いので事前にWEB会議システムで動作を見ることが重要になります。
また、カメラについては適切な解像度、画角をチェックできます。

WEB会議システムによって利用される解像度が違いますし、一般的には高い解像度を自動で選んでくれることはなく、ある程度低めの解像度でビデオチャットが行われるケースが多いです。また、カメラについては動作時の温度も要チェックです。

特にハードウェアエンコードを組み込んだカメラは発熱が多い傾向にあります。

WEB会議ではパソコンやマックで気軽に参加できますが、ハードウエアの事前チェックはとても重要です。